トラベルストーリー

サタデーシティ:ビューティフルベルゲン


会話は通常次のように始まります。

"あなたはノルウェーに行きますか?"

「はい、数週間です。」

「あなたはベルゲンに行かなければなりません。それは単に素晴らしいです。」

私がノルウェーへの旅行を誰に話したとしても、彼らは美しいノルウェーのフィヨルドを見るのと同じくらい興奮してベルゲンを見ることについて話すでしょう。私はBergenに何を期待すべきかわかりませんでした、しかし、誰もがそれを賞賛するように思われたので、卓越性に対する私の期待はかなり高かったです。

そして、私が駅を出て、私のホテルまで歩いたとき、私はすぐに理由を見ることができました:ベルゲンは美しいです。

2つの山に囲まれたコンパクトな街、ベルゲンの中心部は歴史的なレンガと木造の建物、曲がりくねった石畳の道、巨大な中央公園、ゴシック様式の教会、そして小さな広場でいっぱいです。港には、国内で最高の魚をいくつか食べることができる魚市場があります。

残念なことに、私はベルゲンに2日間しかなかった。街でやるべきことがたくさんあったので、私は街の外のより広い地域と美しいフィヨルドを探索する機会がほとんどなかった。しかし、私は2日間をいくつかの素晴らしいサイトでいっぱいにしました。私の主なハイライトは以下の通りです。

魚市場 - ベルゲンの魚市場は料理のおやつです。埠頭のダウンタウンにあり、訪れるのは簡単です。あなたは午前中にもっと見つけることができますが一日中そこにベンダーがあります。ノルウェーの基準では、魚は安いですが、USDに換算するとまだ高価です。あなたがちょうど好みが欲しいなら、無料サンプルを配って喜ぶ以上であるベンダーを利用しなさい。サーモンとキャビアを試してみてください。 (ニシンキャビアは飛ばします。それほど良くはありませんでした。非常に塩辛いです。)

ブリッゲン - Bryggen(ノルウェー語で「埠頭」)は、ベルゲンで最も古い地区の1つで、残りのいくつかの木造建築物など、美しい14世紀のハンザ同盟の建物で構成されています。さまよう道はたくさんあります。建物のほとんどは安っぽい観光店ですが、木工品の多くはオリジナルであり、それを見るのはかなり素晴らしいです。 14世紀の商人の生活について教えてくれる美術館もあります。

ローゼンクランツタワー - 港の要塞に位置するこのタワーは、1270年代に建てられました。塔は何度か拡張されており、1500年代に知事を務めたErik Rosenkrantzのもとに砦が拡張されました。現在の展示は本当によくできていて、最上階には城とホーコン王についてのたくさんの歴史があります。あなたは街の素晴らしい景色のために最上階に外に出ることができます。

ホコンズホール - この王宮と宴会場は、1247年から1261年の間にHåkonHåkonsson王によって建てられました。それはRosenkrantz Towerと同じ要塞にあり、特別な場合を除いて、もう使われません。ホールの大部分は第二次世界大戦で破壊されましたが、元の壁はまだ立っています。チェックアウトするのは印象的です。

ベルゲンフス要塞博物館 - 要塞博物館は要塞に関する博物館ではありません。その代わりに、その展示はノルウェーの女性とベルゲンのナチスへの抵抗に焦点を合わせる傾向があった。女性の展示品はいいかもしれませんが、それはすべてノルウェー語なので、私は知りません。しかし、ナチスの抵抗展示は英語で非常に詳細に書かれていた、そしてそれはたくさんの写真を含んでいた。私の歴史愛好家はそれを愛していました。私は多くのことを学びました。

美術館 - 市内中心部の公園の近く(これも素晴らしいです)には、現代美術や現代美術に興味がある場合に訪れる価値のある3つの美術館があります。美術館は小さく、あなたの心を打つことはありません。しかし、それらには有名なノルウェー人による芸術と、より現代的な芸術への傾斜が含まれています。

オールドベルゲン美術館 - これは、18世紀から19世紀の間にベルゲンの建築を代表する木造住宅が40棟以上ある野外博物館です。この地域は一年中オープンしており、自由に訪れることができます。しかし、ガイドツアーは違います。市内中心部ではなく、バスで簡単に行くことができます。

フロイバネン - Fløibanenは市内中心部近くの山まで登る電車です。ここから街、港、フィヨルドの素晴らしい景色を一望できます。上にレストランがありますが、予算にやさしいものではありません。しかし、私は街とフィヨルドをただ驚かせながらそこに多くの時間を費やしました。

私は2日間しかベルゲンにいなかったので、私は周囲のフィヨルドエリアの多くを見ることができませんでした。しかし、ここでさらに数日過ごした場合は、山への旅行、フィヨルドでのボートクルーズの予約、または田舎の古い歴史的な邸宅の一部への訪問をお勧めします。

警告の言葉:Bergenは、年間270日の雨が降ることでも有名です。私がそこにいたときに90日もの間降りた日の1つではありません。しかし、雨や雲の中でも私はベルゲンが大好きでした。私は“ベルゲンはすごい”バンドワゴンを飛び越えないようにしましたが、都市がとてもきれいなのでやるのは大変でした。ベルゲンはたくさんの歴史と素晴らしい料理がある楽しい場所です。なるべく試してみて、私は「ベルゲンはすごい」群衆の中に入りました。私は、ストックホルムの隣で、ベルゲンが私のお気に入りのスカンジナビアの都市だと思います。そしてそれはたくさん言っています。

注意:Tourism Norwayは、無料の宿泊施設と観光カードを私に提供してくれました。

写真クレジット:1、2