トラベルストーリー

イタリアの美しさを再発見する


私は2006年に初めてイタリアに来ました。それは私が始めたばかりの世界一周の冒険の最初の目的地の1つでした。イタリアは私がそれ以上になると思っていたすべてでした。誇大宣伝に応えた国があれば、それはイタリアでした。

イタリアをバックパッキングして、私はほとんどの時間を北で過ごしました。もっと南に行こうとしたときはいつでも、どこかにもっと長く滞在するという言い訳をいつも見つけました。そして、以前の計画が私をオーストリアに向かって再び北に引きずり込むまで、決してローマより遠くにしませんでした。

年が経つにつれて、私はしばしば戻ることを考えました。ワイン、食べ物、未踏の場所。イタリアは私に電話した。今年、私はようやく十分な考え方があると思い、もっとやることが必要になりました。この夏のヨーロッパへの帰国はイタリアを含みます。

もっと重要なことに、この旅行には南イタリアが含まれるでしょう。これは私が最後までたどり着くことができなかった場所です。しかし今回、私は二度とそこに着くことができなかったことがわかった。

私の計画はギリシャを経由して南に来てローマに向かって私の道を進むことでした。しかし、G Adventuresが私にイタリア北部を巡るツアーを提供してくれたとき、それは変わりました。ヴェネツィアから始まって、旅はフィレンツェのチンクエテッレ、そして最後にローマを通り抜けるでしょう。ツアーに熱心に、私は私の計画を変えてヴェネツィアに向かった。

ツアーでは地元の交通機関、地元のホテルを利用し、個人的な時間とグループでの活動が混在していましたが、その旅行は私にとってはあまりにも早く移動しました。私たちはそれぞれの目的地で過ごした数日よりも場所でもっと時間を過ごすのが好きです。しかし、ツアーは私にとってではありませんでした。旅行を予約したのは他の人たちのためでした。私はただのアドオンでした。旅行中の他の人たちはイタリアで期間が限られていたので、彼らにとっては、旅行は完璧でした。

旅行は南ではなかったが、それは私が何年も前に訪れたすべての都市を再発見する機会を与えてくれた。ヴェネツィアでは、旅行記者のLara Dunstonと知り合い、何年も前にインタビューしました。彼女は私をいくつかの地元の市場に連れて行き、私をヴェネツィアのシーフードと市場で魚を拾うことについてのレッスンをしたレストラン経営者に紹介しました。私は建物に驚嘆し、ツーリストメニューのない地域を探索するようになりました。そこでは価格が半分に下がり、群衆はあなたの邪魔になりません。私が最初にヴェネツィアを訪れたことで、ぬくもりのある印象を受けましたが、もう一度見たことで、この街の素晴らしさを実感することができました。

フィレンツェでは、私のツイッターフォロワーが私にマーケットツアーをしてくれました。私は地元の肉、ワイン、チーズ、そしてスパイスについてすべてを学びました。私は遠い将来いつかを祝うために自分でワインの古いボトルを購入した。私は観光客のいないバーに行き、最終的にウフィツィ(過大評価)を探検し、そして中心から遠く離れた通りをさまよいました。私は私の大好きなジェラートの場所を何度も訪ねました。彼らは私が去る前に私の名前を知っていました。

チンクエテッレでは、初めて逃したハードトレイルをハイキングしました。私は私が前に愛した場所を探検し、何人かのレストランで食べ、そして私のツアーグループメンバーの何人かにガイドをしました。チンクエテッレは地球上で最も美しい場所のひとつです。もし私がイタリアのどこにでも住んでいられたら、そこにあるかもしれません。

ローマで、私はシスティーナ礼拝堂を見て、地下に行き、ついにいくつかの寿司を見つけて、そして私のお気に入りの場所、トラステヴェレを訪問しました。サイトからサイトへとレースをする代わりに、私はリラックスしてハングアウトしました。私は歩き回ってリラックスしました。私はローマで初めての思い出があります。私は良い友達と一緒にいました、そして時々あなたは一緒にいる人のせいで場所をとてもよく覚えています。今回は一緒にいませんでした、そしてローマは私をそこに引き寄せました。

イタリアに戻ってきた私は私が初めて傷を付けた表面の下を探検することができました。そして、それはあなたが以前に訪れた場所に戻ることの美しさです。それはあなたに場所と文化のより深い感覚を得る機会を与えます。私たちはしばしば新しい目的地に向かって競争し、私たちがすでに持っている場所を考慮せずに私たちが行っていない場所だけを考えます。イタリア北部に戻ることは計画の一部ではありませんでしたが、時々計画を飛ばして物事がうまくいくときです。

そして南イタリア?さて、私はナポリとポンペイにそれを作りました、しかしそれはまた別の話です…

詳細については、ヨーロッパのバックパックのページまたはイタリアへのガイドをご覧ください。