トラベルストーリー

あなたがフランスで見なければならない7つの城


あなたはしましたか 本当に そのclickbaityタイトルをクリックしますか?いい加減にして!本当に?私はこれらの安っぽい見出しがうまくいくと思います!たぶん私はタイトルを付けるべきです すべて Buzzfeedのような私の投稿?

ハハ、いいえ、冗談です。私は決してそれをしないだろう。それはひどいです。私はそれをやったらどうなったのか見たかっただけです。 🙂

しかし、真剣に、シャトー(大きな田舎の家や城、シャトーの複数)について話しましょう。 6月に、私は誕生日のためにフランスに行き、その丘陵地帯、素晴らしいワイナリー、広い川、そして壮大な城で有名なロワール渓谷を探検しました。

肥沃な土地のこの地域は、初期のフランスの歴史の間に王室の権力の座でした。王、女王、そして他の王族は、彼らがこの重要な貿易地域の彼らの支配を固めたので、ここに壮大な宮殿を建てました。しかし、16世紀の半ばまでに、王は王国をさまよう時間を減らし、そこで過ごす時間が増えたため、権力はパリに移りました(そして、パリでもっと過ごしたくない人はいませんか?)。

しかし、フランスの王族はまだかなりのお金を費やして美しい城を建てました。ロワール渓谷には80以上のものがあり、それらすべてを見るには私の限られた時間のうちもっと多くの時間がかかります。しかし、私は何とかしてたくさんの訪問をしました - そして予算でそうする方法を見つけてください!これがハイライトです。

シャンボール


このお城は、その壮大さ、詳細な外観、複雑な装飾、広い庭園のおかげで、この地域で最も人気のある城の1つです。 1519年にフランシス1世によって狩猟の隠れ家として建てられました。しかし、彼は1547年に亡くなり、城は半分建てられたままでした。それはルイ14世が1639年に訪問するまで80年近くの間荒廃しました。彼は当初の計画に基づいてそれを完成させるよう命じました。 (注意: これは地域の多くのシャトーのためのランニングテーマです。)

城の敷地に入ってこの巨大な華やかな構造を見ると、私の口から聞こえる「すごい」音がしました。私は建物の複雑な石積みと美しい尖塔に驚嘆しました。レオナルドダヴィンチに触発されたインテリアの大規模な二重らせん階段はあなたが家の中を移動するときあなたの注意を引く焦点を作成します。大きなホールの対称性と昔の王族の絵画が大好きでした。

この場所は巨大で、見に何時間もかかりました。屋根からの素晴らしい景色があります、しかし私のお気に入りの瞬間はちょうどこの宮殿のあらゆる所をじっと見つめている庭園の中でした。本当に王様にぴったり - または少なくとも無数の毎日の観光客にぴったり!

先端: 私はオーディオツアーを強くお勧めします。それはあなたが絵画やアーティファクトを拡大することを可能にし、部屋が17世紀と18世紀に見えたであろうもののオーバーレイを提供する(それが造られているように見えたものの画像さえ含む)情報。あらゆるユーロの価値がある!

そこに着く方法 - 近くのBloise市から25分のシャトルまたはタクシーで行くことができます。

ヴィランドリー


丘の脇に建てられたこの城は、もともと14世紀にフィリップ・アウグストゥス王のために建設された砦(要塞タワー)でした。場所が16世紀初頭に地元の貴族によって取得されたとき、元の砦は保存され、建造物の残りの部分は破壊され、要塞が建てられました(冷たいお堀が付いています!)。フランス革命の間に、財産は国家によって没収され、19世紀初頭に、皇帝ナポレオンは彼の兄弟、ジェローム・ボナパルトにそれを渡しました。 1906年に、カルバロ家(現在の所有者)はその財産を購入し、それを今日のものにするために莫大な時間とお金を注ぎ込んだ。

しかし、城の壮大な外観にもかかわらず、私は内部が欠けていることに気付き、そして私はそれをかなり早く通過しました。華やかに装飾された最初の部屋を除いて、インテリアはとても当たり障りのない(そして全部一緒にスキップする価値がある)

この城の主な魅力は、ウォーターガーデン、観賞用のフラワーガーデン、そして菜園を含む有名なルネッサンスガーデンです。これらは、低いボックスヘッジで区切られた正式な幾何学模様でレイアウトされています。そこを流れる小川や、座ったり考えたりするのに最適な場所がたくさんあります。それほど多くの人が歩き回ることのない、いくつかの小道がある隣接する森もあります。全体的に見て、庭園と森はこの城の最高の部分です、そしてそれはあなたの時間が費やされるべき場所です!

そこに着く方法 - 水曜日と土曜日にツアーからバスがあります。あなたが他の曜日に行くなら、あなたは車が必要です。

ブロワ


Chambordを見るためにはBloisに立ち寄らなければならないので、町の城は簡単に追加できます。もともとは9世紀に建てられた中世の要塞で、1498年にルイ12世に引き継がれ、何世紀にも渡って権力の中心となったゴシック様式の宮殿に変わりました。 (面白い事実:1429年、オルレアンでイギリス軍と戦う前に、Joan of Arcはここで祝福を受けました。)

中世の要塞はあまり残っていません。城の主要部分はルネッサンス様式でFrançoisIによって1515年に建てられ、プライベートの寝室とボールルームに通じる有名なバットレスの円形の階段が含まれています。

このお城は小さく、その外装はこの地域の他のものよりも華やかではありませんが、複雑に修復された部屋、詳細な情報の寄せ集め、そして素晴らしい時代物の家具が置かれています。外では、町と川の景色が一望できます。本当に素敵なお城でした。

そこに着く方法 - パリからは、電車で2時間です。ツアーからは、約45分です。

アンボワーズ


これは私の全体的に好きな城でした。それは他のものほど華やかでも大きくもないかもしれませんが、それはトータルパッケージです:見事なインテリア、美しい庭園、そしてロワール川の素晴らしい景色のあるおとぎ話のような構造。 15世紀に君主制によって没収され、それは好意的な王宮となり、チャールズ8世国王によって広範囲に再建されました。それは彼の後継者たちによって贅沢なルネッサンス様式の宮殿に建てられましたが、最終的には16世紀の後半に衰退しました。それは19世紀に改装される前にフランス革命で大きく損なわれました。

それが私が宮殿について本当に好きだったものです:建築様式の組み合わせ。アーチ型の屋根、ルネサンス様式の寝室と外装、そして19世紀の壮大にデザインされた客室を備えたゴシック様式の建物です。あなたは宮殿の至る所に歴史の印を見ることができます。私はまた、城から街に降りる大きな曲がりくねったキャリッジランプと、オークの木でいっぱいのテラスガーデンも気に入っていました。レオナルドダヴィンチの遺跡を含む教会もあります!本当に、この場所は一流です!

そこに着く方法 - トゥールから電車で30分。城は駅から徒歩10分です。

クロ・ルース


15世紀半ばにHugues d'Amboiseによって建てられたこの城は、1490年にCharles VIIIによって買収されました。探索する部屋はそれほど多くはありませんが、ルネッサンスの魅力はそのまま残しています。有名になったのは、レオナルドダヴィンチが1516年から1519年までここに住んでいたことです。今日、城は驚くほど修復された部屋と彼の有名な発明のレプリカでいっぱいの地下室で彼の遺跡です。さらに、外装にはイタリアの影響がたくさんあるので、外に出て見上げるようにしてください。敷地は見事で、レストラン、製粉所、そしていくつかの池があります。ガチョウ、小川、そして散歩道や逃れるべき場所がたくさんある広大な庭園は、驚くべき追加機能です。そして、レオナルドが歩き回ってインスピレーションを求めているのを想像するのは簡単です。

そこに着く方法 - トゥールから電車で30分。城は駅から徒歩30分です。

アゼイルリドー


もともと12世紀に建てられたこの城は、チャールズ7世によって1418年に焼かれました。それは地元の貴族によって再建された1518年まで廃墟のままでした。しかし、フランス王フランシス1世は1535年に未完成の城を没収し、それを彼の奉仕に対する報酬として彼の騎士の一人に与え、それから彼はそれを半分建てたままにしました。城の状態は何世紀にもわたって悪化し、1820年代に新しい所有者はそれを今日の美しさにするために大規模な改造作業を引き受けました。

私がそこにいたとき場所の多くは(まだ)建設中だったので、すべての部屋が開いていたわけではありません。インテリアはシンプルで、サインでよく説明されていましたが、華やかな家具、絵画、または備品はありませんでした。しかし、この場所は私のお気に入りの外観でした。庭園を見下ろす砲塔のある四角い形が大好きでした。それが池の上に建てられているという事実。そして町から続く長い石畳の私道。ボールに参加する途中で王族が錬鉄製の門まで馬車で行き来することを想像するのは簡単です。

そこに着く方法 - トゥールから電車で30分。城は駅から徒歩20分です。

シュノンソー


シュノンソーは、ロワール渓谷で最も有名なシャトーの1つです。それは古い工場の基礎の上に1514年に建てられました。 1535年に、それは未払いの借金のために国王フランシス1世によって押収されました。それから1547年に、ヘンリー2世は彼の愛人、ダイアン・ド・ポワティエ(現在フランス史上最も有名な女性の一人)への贈り物としてそれを与えました。 Dianeは広範囲の花と菜園の植栽を監督しました。実際、庭園はまだ彼女のオリジナルのデザインでレイアウトされています。

ヘンリーが亡くなった後、彼の未亡人のキャサリン・ド・メディチ(同じくフランスの歴史の中で最も有名な女性の一人)は、城を城から追い出し、シュノンソーを彼女の住居にしました。 (面白い事実:1560年、フランスで初めての花火大会がここで行われました。)1577年、彼女はグランドギャラリーを川全体に広げ、今日のシャトーを作り上げました。彼女が死んだ後、城は様々な王族と彼らの愛人の周りに跳ね返り、幸運にも革命で破壊を免れ、そしてそれが国家財産になる前に改装されそして束を何度も売った。

2つの庭園(まだ古いスタイルで維持されている)に広がる森を歩くと、川にまたがるこの美しい薄い城が見えます。部屋のインテリアはとても狭く(幅よりも長く)、部屋はよく保存されていますが、とても狭いので混雑していることがよくあります。彼らは美しいですが、ギャラリーに入って川を見渡すのはかなりうれしいです。庭園は咲き誇り、敷地内にはちょっとした迷路さえありました。 (もう一つの面白い事実:この城はヴィシーとドイツが支配するフランスを分けるもので、ユダヤ人を安全に密輸するためによく使われていました。)

そこに着く方法 - 城はトゥールから電車で35分です。

シャトーを訪れるためのヒント

では、どのようにしてこれらすべての美しいお城(およびここに記載されていない70+の城)を訪問するのですか?彼らは非常に訪れるのが簡単です - ほんの一握り以外はバスや電車でアクセス可能で、そうでないものは通常最寄りの町から約20-30分の自転車に乗るだけです。しかし、1ポップあたり10ユーロの入場料は、実際には加算され、キャッスルホッピングは本当に予算の少ない活動になる可能性があります。しかし、城での経験からお金を節約する方法はいくつかあります。

  • トゥールの観光案内所では割引券を販売しているので、そこでは多くのチケットを購入するのが最善です。彼らは城での価格から1から2ユーロです。
  • ほとんどの城は駅の近くにあります(私が歩いた最も遠いのはアゼイ城まで20分でした)ので、短期間でたくさんのシャトーに連れて行く必要はありません。電車やバスの周りにあなたの訪問を計画します。
  • 駅の近くにない城では、観光案内所の近くで自転車を借りることができます。その日の自転車は15ユーロです。
  • あなたが運転したいならば、あなたはすべてを見ることができるようにこの地域は車によって最もよく探索されます。レンタカーは一日約30-40ユーロかかります。
  • ほとんどの城はフランスの基準でさえ高値の食料を販売しています。しかし、あなたはあなた自身の食べ物と水を持って来ることができるので、敷地内で食べるために少しのピクニックをして、そしてあなた自身をあなた自身のお金のトン節約する!

私の唯一の後悔は私がさらに多くの城を見る時間がなかったということです。一日に20〜30ユーロを城で過ごすのは気が狂うかもしれませんが、私は一人一人が美しく、ユニークで、歴史に満ちていることに気付きました。私のようにお腹が空いていなくても、必ずこれらの壮大な場所を訪れてください。人気のある人でさえ、群衆の価値があります。

パリからの日帰り旅行で多くの人を訪ねることができますが、少なくとも数日間はこの地域を歩き回り、城に入り、屋外カフェで卑猥な量のワインを飲み、そして歴史の魅力を吸収し、そしてフランスを特別な場所にする文化。

私のすべてのお金を節約するためのヒントが欲しいですか?ヨーロッパへの私のガイドを入手

遊牧民のマットのバックパッキングヨーロッパ
私の詳細な、200以上のページガイドブックはあなたのような予算の旅行者のために作られます!それは他のガイドブックで見つかる毛羽立ちを切り取って、あなたが旅行して、ヨーロッパの周りにバックパッキングしている間お金を節約するのに必要である実用的な情報にまっすぐに行きます。あなたは、旅程、予算、お金を節約する方法、見てやるべきことを叩いたり邪魔をしたりすること、観光客ではないレストラン、市場、バーなど、もっとたくさんのことを見つけるでしょう。

ヨーロッパガイドを入手する

私の他のヨーロッパのガイドも見てください。

私のガイドをすべて見る - >