トラベルストーリー

今読む価値がある7つの旅行本


私は最近書店でたくさんのランダムな本を拾っています。これはたいていの場合ヒットまたはミスです。 「ええと、それはひどかった」とだけ言って私が本を手に入れた時間は数えられません。しかし、この現在のストレッチはいくつかの素晴らしい本を生み出しました。切り上げて、また時間だと思います。私はバス、電車、飛行機に多くの時間を費やし、その時間を使って本を貪り尽くします。

Geraldine DeRuiterによるいたるところで

Geraldine、別名The Everywhereistは、陽気な作家(および友人)です。この本は、彼女の旅行、不安、そして夫のランドとの関係(本が彼を元気づけてくれるほどクールだ)と年代順に並べている。それは本当に です いたるところに - しかし良い方法で。私はその本が旅行についてのものではなく、彼女との関係についてのものであることがわかったけれども、それは私のすべての期待に応える以上のものであった。私はGeraldineの執筆、ウィット、スナーク、そしてユーモアの大ファンで、この本はそのすべてを提供しました。私は他にだれがうんち物語をとてもおかしくすることができるかということを意味しますか?彼女のブログが大好きなら、この本も大好きです。 (そして、あなたが彼女のブログについて知らないならば、それも読んでください。)この本は素晴らしかったし、それを何度か座っていた。

トーレ・デロッシュ著 『世界の果てへの勇気の手引き』

私はトーレの最初の本が好きでした、 溺れる可能性がある愛、当時の彼氏との太平洋を越えた冒険について。私は彼女の2冊目の本の事前のコピーを手に入れることができて喜んでいました(そしてそれを大いに気に入ったのですが、ぼくも書きました!)最後の本は世界への冒険でしたが、この本は自己への冒険です。ニューヨークのイベントで素敵なマーシャと出会った後、トーレはヨーロッパのマーシャと出会い、そこでイタリアのVia Francigenaトレイルを歩き、次にインドのガンジーのウォーキングルートをたどります。途中で、トーレはヘビ、シャーマン、失礼な旅行者、友好的な見知らぬ人、そして宇宙が彼女を正しい方向に向けようとしているようです。この本は、彼女の最初の本と同じくらい素晴らしくよく書かれていて魅力的です。私はすべてのページでそれをもっと愛するようになりました - そして私はそれを十分に推薦することができません。

失われた島:Joan Druettが世界の端で難破した

ニュージーランドの南285マイルに位置するオークランド島は、一年中凍結する雨、風、そして食べ物が少ない場所です(しかし明らかにたくさんのアザラシがあります)。簡単に言えば、それはあなたが難破船に乗りたい場所ではありません。それでも1864年に、キャプテン・トーマス・マスグレイブと彼の乗組員はちょうどそれをしました - そして、数ヵ月後、島の反対側で、それで、スコットランドの船の乗組員はそうしました インバーカウド。 2人の乗組員が生き残った(そして生き残れなかった)方法についてのこのよく書かれた説明は、リーダーシップ、友情、そして危機に瀕しているという素晴らしい並置でした。長い本ではありません。それを読むのに数日かかったが、それは説得力があり、魅惑的で、そして自分の落ち着いた状態を危機の中にとどめることの重要性を思い出させるものだった。

リチャード・グラントによる冥王星からの派遣

ミシシッピ州の大ファンとして、私はこの本を読むことに本当に熱心でした。州は、風変わりだが素晴らしい人々がいる、見過ごされがちな観光地です。美しい公園、川、そして湿地。見事な建築。私自身のような歴史愛好家のための複雑で豊かな歴史。この本では、英国の作家リチャード・グラントと彼のガールフレンドはミシシッピ州の郊外の冥王星に移動し、より良い生活を送り、大都市を脱出し、彼らの生活費を下げ、そして何か新しいことを試みます。彼らは狩り、庭での暮らし、野生動物の撃退、ヘビの取り扱い、そして途中で面白いキャラクターとの付き合いを学ぶことを学びます。助成金は、この国の矛盾 - 人種関係や階級から教育、食べ物、家族、そしてその間のすべてまで - に飛び込みます。この本は信じられないほどのもので、ミシシッピ州を釘付けにしています。 しなければならない 読む。

雪の女王の宮殿:バーバラSjoholm著ラップランドの冬旅行

Barbara Sjoholmはこの北極地方を探検するために1つの冬を始めました - それから、さらに2つ戻って来て、それについてもっと学ぶことを過ごしました。その過程で、彼女は地域の豊かな歴史を明らかにし、観光、鉱業、そして土地利用の間の緊張に飛び込みます。彼女の本は、現代の時代に彼らの文化を維持するためにサミス、地元の先住民族と彼らの闘いに深く潜ります。スカンジナビアのすべてのものの恋人として、それはしばしば彼らが値する注目を与えられていない地域や地域の人々について読むことは本当に素敵でした。私がこの地域について知っていると思った限りでは、この本を読むことで私はたくさんのことを学びました - そして私がまだ学ぶ必要があることを私に示しました。よく書かれた洞察力に満ちた、あなたは間違いなくこの本を手に入れるべきです。

Doug Mack著アメリカのNot -ite州

アメリカ合衆国は50州以上です。アメリカ領サモア、グアム、北マリアナ諸島、プエルトリコ、アメリカ領バージン諸島の他州もあります。この面白い、詳細な、事実に富んだ本で、Doug Mackは我々が理解するよりもっと重要な役割を果たす国の他の部分によって主に忘れられているこれらの領域を探ります。 Dougがニューヨークで彼の本について語っているのを聞いて私は喜んでいました、そして彼は豊富な知識です - 彼の本のように!あなたが本当に知らない場所についてのあなたの心を広げるこれらの旅行本のうちの1冊。多くの点でそれは私に思い出させた 至福の地形 そのアプローチで。あなたがその本が好きなら、あなたもこの本が好きです!

カリフの家:タヒル・シャー著 『カサブランカの年』

彼の幼年期のモロッコの休暇に触発されて、シャーはカサブランカで家を買うことにしました。彼はロンドンでの生活の単調さから抜け出すと同時に、彼の子供たちをより屈託のない子供時代にさらすことを期待して、イングランドから彼の家族を引っ越しました。私はこれを本屋でランダムに拾い上げましたが、置くことはできませんでした。シャーは夢中になる作家であり、私はあらゆる言葉に釘付けになりました。汚職、地元の官僚、泥棒、暴力団、大混乱の原因となったジン、そして最も単純なやり取りでさえも起こるような騒ぎを扱っている間、シャーは私が一年中読んだ中で最も優れたものの1つである物語を織り込んでいる。それは美しく書かれていて際限なく魅惑的です。あなたはこの本を買いに行かなければなりません!

それが今日のすべてです!幸せな読書!

そして、あなたが私のような本の中毒者なら、私が私が最近読んだ最高の本のリストを送る私たちの毎月のブッククラブに参加してください。あなたは月に一度送られた3-5冊の推薦された本のリストを得るでしょう!参加は無料です。登録するには、名前とEメールアドレスを入力してください。

成功!今すぐあなたの購読を確認するためにあなたの電子メールをチェックしてください。

登録の送信中にエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

電子メールアドレス無料の電子メールコースを受け取りたいです。はい!もっと読みたい!

そして、あなたが提案があれば、私はいつも私のAmazonのキューに本を追加しようと思っているので、コメントに残しておいてください。