トラベルストーリー

マルタ:半無視建築物の国


マルタのカフェで凍って座っていたとき、私は訪問する正しい決断をしたかどうか疑問に思いました。私は友人の結婚式のためにヨーロッパに来ていました、そして、すぐに飛ぶことを望んでいませんでした、私はそれを最大限に利用してそしてどこか新しい場所に旅行することを考えました。新しい国で新年を始めませんか?

しかし、参照してください、私は風邪が嫌いです。

私を悲しくしたいのなら、どこか寒いところに送ってください。私はどこかに(比較的)暖かくそして - 私は一週間しかなかったので - を必要としていました。ヨーロッパの地図を見ていると、マルタは最良の選択のようでした。それはずっと南にあり、本土への簡単な飛行接続を持っていて、小さいように見えて、そして友人に強く勧められて来ました。

1月のヨーロッパのために、それは私の最善策が好きだったようです。

しかし、私はセーター、帽子、スカーフ、そして冬のコートを着て震えながら座っていたので、私は来る前にもう少し天気を調べたほうがいいと気付いた。確かに、私は不合理なコールドスナップの間にたまたま訪れました(「こんなことは絶対にありません!」と人々は言うでしょう)が、それは私を気分を良くさせるものではありませんでした。

寒さの中で場所を探索するのは好きではありません。そのため、このサイトで「冬の旅行」のヒントが表示されることはほとんどありません。春、夏、秋 - それらは私の季節です!私は大きなバルク服を運ぶのは好きではありません、凍結しながら観光は好きではありません。 (ストックホルムから暖かい天気のために来た友人にも、その天気は訴えなかった。)


しかし、私たちのどちらも以前にマルタに行ったことはありませんでした。両方の仕事中毒者、私達は私達の電話を片付け、コンピュータを消し、そしてちょうど目的地を楽しみたいと思った。私たちのどちらかがそれをしてから長い時間が経ちました。

だから我々は(ひどい)天気を最大限に利用しなければならなかった。さもなければ、私達は私達のコンピューターに戻って中に入るでしょう、そしてそれは選択肢ではありませんでした!

この場所は本当に夏のビーチの目的地であり、冬の天気は間違いなくビーチの天気ではないので冬には、約1週間でマルタのすべてを訪問することができます。 (夏には、ビーチの日数を説明するのに2週間が必要です。)

私の友人と私は可能なすべてを見るために壮大な計画を立てました。我々は午前7時までに起きて、8時までにドアから出ていました、しかし、スヌーズを打った2日目の後、我々はそれらの計画をあきらめました。私が見たかった美術館をいくつか見逃したが、望んでいたほどゴゾの城塞をさまようことはせず(4℃で風と雨が降り注いだ)、ハル・サフリエニ・ヒポギウムの地下遺跡を見逃した。タルシーン寺院、ヴァレッタでの第二次世界大戦地下トンネルツアー、ポパイ村、そして有名な魚市場。


しかし、私たちはゆっくり動いて私のやることリストが完全に完成することはありませんでしたが、私は何も後悔していません。マルタは私に呪文をかけた。私は地元の人たちが面白い、カリスマ的、そして陽気なことに気づいた。彼らはいつも共有する良い話をしていました。そして風景 - すごい! 1つの巨大な巨大都市を形成していると思われる町を追い出すと、春、岩、丘陵、古代の村、断崖絶壁、上空に昇る教会、そして広大な景色を見渡す鋭い断崖を待っています。青い地中海。

観光の面では、イムディーナの地下墓地が最も興味深く、廊下や部屋の迷路は(十分な骨格はありませんでしたが)、近くの古代ローマ時代の家はそのままのフレスコ画があり、私にとってのハイライトでした。首都バレッタで、私は穏やかなアッパーバラック庭園(低い庭よりも人が少ない)から港を見て座って、有名な聖ステファン教会でミサに出席しました。そして、私はメインの広場に座ってワインを飲みながら夏の太陽を楽しんでいることを想像しました。

しかし、私がこの国について最も印象的だったのは、衰退していくような町でした。国中、アラビア語とイタリア語の影響が混ざり合った何世紀も昔の建物や、通りを見下ろすことができるように張り出した絵のようなバルコニーがあります。ヨーロッパの小型車さえも周りにある前にはっきりと建てられた石畳の道が、あなたに彼らの順番を探索するように促しています。マルタでは、彼らは彼らの家に名前を付けました、そして、私は私自身が名前のランダムなコレクションを見て通りをさまよっていました(私のAirbnbは「デボン」でした)。


しかし、片目が車の後ろでこっそりと忍び寄っているのを見て、私が目を大きく見開いたとき、私はそれがマルタがただ半分だけ愛されているかのようにそれがしばしば感じたことに気づかなかった。歴史的な栄光を取り戻したすべての改装済みの家や邸宅には、老朽化し​​たものや積み上げられたものがあり、時にはブロック全体を占めていました。すべての美しい庭園と復元された広場のために、そこには同じように荒廃したものがあるようでした。まるで島の半分がすぐに去り、残り半分は、保全に忙しく、彼らが戻ってくるのを待っていたかのようでした。

島の自然の美しさ、素晴らしいビーチ、そして雄大な首都について書かれているものすべてについて、私がマルタの大部分を覚えているのはこの全く対照的なものでした。解決するのは謎の憧れのようでした。なぜ人々はただそれを直さないのですか?なぜ政府はこれらの安全上の問題を解決しないのですか?誰がこれらの建物を所有しましたか?何十年もの間放棄されていたように見える人もいました。なぜ美しい家を建てなおして、隣の家をひび割れたように見せかけるのでしょうか。それはすべてとても混乱して厄介なようでした。誰も私に良い答えを出すことができませんでした。

私の整然とした、OCDの心はそれの周りに頭を包むことができませんでした。 (私はひどい南ヨーロッパ人になるでしょう!)


マルタへの私の訪問は良い映画の予告編を見ているようなものでした。それが終わると、あなたは映画全体を待つことができません。

しかし、私が今までにフィーチャー・プレゼンテーションに戻るかどうかはわかりません。私がマルタに戻るまでには長い時間がかかるだろうと感じるこの腸を持っているということを世界で見ることがたくさんあります。しかし、私が二度と戻ってこなかったとしても、私はプレビューを楽しんだり、ついに私は自分のコンピュータの電源を切って、気が散ったことのない場所で楽しんだりしました。

私が最後にやってから長い時間が経ったでしょう。